スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに太平洋へ

2007年08月31日 21:02

s4.jpg

南アメリカ大陸の南をまわっていよいよ太平洋へ!

 
スポンサーサイト

まぎらわしい…

2007年08月28日 21:10

s3.jpg

住人たちに見送られている古都 ≠ ハゲのおじさん

世界一周の旅へ!

2007年08月27日 21:17

s2.jpg
「ええっ。初級中退なのにー?いいものもらえるなら行くけどー」

制服目当てで

2007年08月25日 21:37

  航海者学校に入学しました。
  講義受けてないのでたぶん初級で中退です。

s1.jpg

  教官「危険海域で海賊に襲われたとき有効なものは?」
  古都「愛想笑い」
  教官「……きみは来週追試です」
  古都(チッ。命乞いだったか…)


2007年08月14日 10:24

8_1.jpg

やり場のない怒りが湧き上がってはけ口が見つからず何をしていても同じところをぐるぐる回るこの1週間でした。姉にあたるあの人のことはこれから北○鮮と呼ぼう。ま、ゲームでもするか~

Soldiers!

2007年08月07日 21:26

7_4.jpg

映画「独裁者」の中でチャップリンが演説するシーンがあります。独裁者に変装した床屋が民衆の前で独裁者を批判し、民主主義を訴える有名なシーンです。

学生のときこの演説を暗記しました。民主主義を主張する内容ということは知っていましたが、初めて聞いたときの感動は忘れられません。「演説」という独特の迫力と、彼の力強い言葉のリズムに圧倒されました。あれはチャップリンが演じる男の演説というより、チャップリン本人の心の叫びだったからでしょうか?吹き替えの映画や日本語訳を読むだけでは十分に伝わらないと思います。

この暗記テストを思いついた英文学の先生は大の映画好き。小学校入学から社会に出るまでの学校の授業で習ったことなんて、ほとんど覚えていないけど(!)この演説を何度もくり返し聞いたこと、内容、感動したという経験は決して忘れません。何かその周辺のニュースを思うとき、ふとあの演説のことを思い出します。暗記するように言われなければこの演説と出会っていなかったかもしれない。あれはわたしにとって最も意味のある「授業」だったのではと最近になって思うのです。

[Soldiers!]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。